2017年7月17日 (月)

ちほう

まぁ、誰しも年をとっていくと「痴呆」は避けられないものだと思いますが、
この痴呆のなりかけってのは、とても厄介ですね。
おそらく本人も、そうにはなってはいないと思っているのではないかと思います。
しかし、一緒に暮らしている人から見たら、
そうなっていると、、、思わざるを得ません。。。
両親と同居して十数年経ちます。
数年前から母親は攻撃的アルツハイマーになってきていると思われます。
これは以前にもブログに書きました。
本人、病院嫌いで、健康診断すら受けたくないという人なので、
アルツハイマーについての診断も、当然のことながら受けてはおりません。
しかし、
一緒に暮らしていると、わかる部分ていうのは多々出てきます。。。
詳しくは控えさせていただきますが、
とにかく、
 
正しいことが正しいとわからなくなるんですよ!
 
常識として言ってはならないことが分別できなくなる。
まずこれが、嫁から始まり、今では実の息子の私まで来ました。
当然、イラっときますね。
しかし、それに対して反論すると、ウソみたいな訳のわからんことを言ってくるんですね。
やっかいですよ。。。
話しになりません。。。
ましてや父親も最近は痴呆が始まってるようで、
正しいことも人情も、全ておかしなことになっているんです。
しかしね、
そこに別の家の人が入ってくると変わるんです。
むしろ、
戻るんです!
 
元に!!
 
不思議です。。。
スイッチが入るんですかね?
 
だから、
家の人以外の人にはわからない。
気が付かないのです。。。
 
そんな両親に、、、
変わってしまった両親に、、、
ぼくはよりイラっとしてしまって、
家で好き勝手なことを言ってる親に対し、
 
ちょっと強いことを言ってしまいます。。。
 
いや、、わかってはいます。
痴呆が原因だという事はわかっています。
しかし、
認めたくない自分がいて、
そうなってしまった両親に、
戻ってくれやしないかという気持ちもあり、
人を傷つけることを言ってくる両親に、
いや、、
言ってしまう両親に、
つい、、
怒ってしまいます。。。
ぼくにはよくわかりません。。。
平穏に暮らしたいです。。。
 
そうするためには
親と別に暮らすことが、一番いいのでしょうか?
 
しかし痴呆が進んでいく両親を、
残していいものなのか?
もう知りません!で、済むものなのか?
世間的に見れば、
同居していたのが出ていくとなると、
それなりの想像をされるのがオチだと思うんですよ。
 
ただ、そうなると地元に戻りにくくなります。
アフターケアのことも考えておかなきゃならないのか?
難しいね。
最善の方法はどうすればいいのだろうね???
 
答えは出ないけど
何かしなければ前には進めない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

攻撃的アルツハイマー型認知症

親と同居し、3世代な我が家ですが、
まーなんてゆーか、、
アニメの「ちびまるこちゃん」や「サザエさん」のような家族になるのは、
ちょっと難しいね。。。
現代の世の中は核家族が主流。
ぼくも産まれた時から核家族でした。
人間というのは、
相手の気持ちを察するのは、やはり相手の立場になってみないと、その気持ちがわからなかったりするものです。
要するに、何事も経験して覚えていくものです。
そこで元々核家族だった家が、3世代の家になったらどうなるか?
誰も経験をしていなかったところに新しい経験が生まれたわけです。
それが吉と出るか、凶と出るか、それはその家次第。
昔から、いや先代からでも3世代ないし4世代の家族構成を経験していれば、それぞれの立場を分かり合え、尊重し合えるのだと思うのですが、その経験のない家柄はおそらく順応するのは難しい事なんだろうと思います。
オフクロ。
 
どうやらアルツハイマーの入口に足を踏み入れたようだ。
しかも攻撃的アルツハイマー型認知症。
やっかいだ。
とにかく自分中心。
あまりの言動・行動に注意をしようものなら、もう狂い出す。
全て他人のせい。
つじつまの合わない意味の分からない言い訳をしだす。
時にはバレバレの嘘をつく。
小学生並みの。
兇変しながら。。。
本人はどう思ってそんなことを言っているのかもわからない。
手に負えない。。。
 
しかし近い親戚や、昔から付き合いのある一部の近所の人。
そういう人達に会う時は、このところの一面を抑えられるようだ。
特に変なところは感じないと言う。。。
しかし、初めて家に来る人や、集団の中に入ることを必要に拒む。
10年くらい前はそんなことは無かったのだが、むしろシャバに出るのが好きな人だった。
このところ初めて会う人には特に全く話そうともしない。
そうになったのは、本人曰く、家族のせいだと言う。。。
 
家で口を開こうものなら、誰かの嫌味がらみなことばかり言ってくる。
とりあえず、それを聞いてやれるところまで聞いてやる。
聞くに堪えられなくなるところまで来たら、スッといなくなる。
ぶっちゃけ、聞くのも辛い。。。
ぼくのダメージも大きい。色んな意味で。。。
 
年々というより、日に日にこの状況は進行している。
いよいよという日が来る前に、先の事を考えておかないとならない。
オヤジもオヤジで、、まぁボケてはいないんだが、天然ボケでね、
頼りがないんですわ。。。
出来ないことを出来ると言って、結局出来ないような人なんですわ。。。
初めから出来ないと言えばいいのに、、、カッコ悪いんですよ。。。
そんな人だから、たぶん先の事なんて考えてはいないんだろうから、
まぁ長男のぼくが何とかしてやらないとならないのだけど、
 
その前に子供達よ!
 
早く大きくなってくれ!!
いよいよという日が来る前に、早く大きくなってくれ!!
お前たちの面倒と同時に見るのは、かなりキツイ!!
 
さぁ!!
どっちが早いか!?
 
かけっこだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

前歯の詰め物

上の前歯の隙間を埋めてる詰め物が取れました。。。
つまようじで何か詰まってるなぁ~と、ツンツンしてたら

ボロッ・・・・

もう10年以上前に歯の治療をしたときに詰めたものなんですが、
それが古くなったのか、歯がまた傷んできたのかわかりませんが。。。

今、前歯の間が少し隙間が空いています。
近いうち歯医者に行かないと・・・danger

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

腸脛靱帯炎-マッサージ編

腸脛靱帯炎といっても、患部は膝周辺ですが

実際、疲労しているところは別のところだったりするんです。

以前、膝を痛めたとき通院した病院でも言われましたが、

患部と繋がっている筋肉や腱などが疲労している結果、筋肉等が収縮され患部に痛みが伴うと。。。

なので大腿四頭筋等をよくマッサージして頂き、自分でもするようにと言われました。

今回も患部は違えど同じ事。

腸脛靱帯に沿ってマッサージしてみました。

では、

例のもので説明します。お~い、模型く~~ん!
B50012

なにやら今後も大活躍しそうな、この模型くん。。。

この黄色いラインの部分が腸脛靱帯です。

患部は膝周辺ですが、患部とは離れたこの緑のラインの部分をマッサージします。

手の親指や掌の根本部分で押すようにマッサージすると、とてもイイ感じです。

マッサージ後は患部もだいぶ楽になります。

とかく患部をマッサージしがちですが、患部は炎症が起きてるため、マッサージをすると逆に炎症に拍車をかけてしまう可能性も大ということになりますので。。。

腸脛靱帯炎で悩んでいる方。

御参考までに。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

腸脛靱帯炎

膝の痛み。

医者に行ったわけではないのですが、

いろいろネットで調べたところ、

腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)である可能性が高いことがわかりました。

具体的にどこが痛いのかというと

模型で示すと・・・
B5001
矢印の先です。右膝。。。

あ。

これ、ぼくじゃないですよ!

勘違いしないように。

実物は、もっとイイ男です。。。

 

こちらの模型で説明すると
2
矢印の先です。

右足がないので、左足を代用しています。手は両方あるんですけどね。不吉な予感がしますが。。。

腸脛靱帯とは、膝下から腰辺りまで繋がっている靱帯でして、

ぼくが傷めたのは、ちょうど靱帯と膝下の骨のつなぎ目辺り。

日曜日は、群馬の森でマラソン大会なのですが、どうなることやら?

ぼく自身が、2枚目の画像のようになってしまわないか、心配です。

まぁ、実物はもっと2枚目ですが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

長い昼休み

今日の昼休みは長いです。

なにせ

昼メシ食べてません。。。

そう、

食べさせてもらえなくて。。。。

 

と、

いうワケじゃないけど、

実は、

野辺山100km走ってきた後、右膝を故障してしまいまして

おかげで体重が増えてきてしまいまして

膝も良くはなってきているのですが、思うようにはまだ走れず。

よって、

1食抜くことを決意致しました!

 

久々に買ったランナーズにも書いてありました。

食べない方が潜在能力を発揮できるようなことが。。。

 

フ...catface

 

その潜在能力とやら

 

この目でとくと拝見してやろうじゃないかっfoot

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

肉離れの図

肉離れしました。

実は先日のマラソン大会で、やっちゃったんです。

図にすると、この辺。

Cocolog_oekaki_2011_07_07_20_59

脹ら脛内側の下の方です。

3日間、走るのをやめていたら、だいぶ回復したようです。

今朝、走れました。ゆっくりですが。。。

順調に治れば、超回復すると思います。

筋肉って痛めると、それ以上の強度になって回復するそうです。

それを超回復というそうです。

すごいですね。人間の体って。

スーパーサイヤ人になる感覚ですかね?

な、こたーない。。。

ちなみに・・・

ぼくの脳は

妻に強くされました。。。bomb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

献血(´Д`;)...

今日は妻と娘の3人でスマーク伊勢崎へ行ってきました。

目的は娘が保育園で描いた絵を展示してあるということで見に行ったわけであります。。。

3階をくまなく探し回ること20分。

見つけました。

P1000010_2 

これです↓

P1000011 P1000009_2 ←拡大はこれ。

そうです。

母の日の似顔絵です。よく描けました。実物より美人です。。。coldsweats01

てことでミッション終了。

特に何も買うものもなく、唯一マーベラスクリームでアイスクリームを食べる。

あいかわらずおいしい。good

そこで外を眺めると献血のバスが止まっていた。

ワタクシ、アラフォーにもなりまして、献血などまともにしたことがありませんで、遠い昔に1度だけあったかなたっかた・・・みたいな感じでして、しかし今日はなぜか無性に献血がしたくなりまして・・・

いざ献血へ!!

P1000015受付では一応初めてということで、いろいろと手続きをしてから申込み、献血カードなるものを作ってもらいバスの中へ。。。

バスの中にはリクライニングシートが寿司詰め状態。

その一つへ座る。そして採血。

初めてにもかかわらず最上級の400mlに挑戦!

採血中、初めてだからか、あるいはぼくとお話しがしたかったのか、美人の看護師さんがいろいろと付ききりでお話ししてくれました。

実は昨晩、飲み会でお酒をたんまり飲んでしまいまして、血液に悪いものが混ざってしまうのではと思い、、、そんなことも話してみたら、大丈夫だと言ってくれました。

そしてほんの10分程度で終了。看護師さんとの夢のような一時は終わる。。。

P1000014

↑傷身。。。

P1000012

そして、お土産はこちら。

ティッシュボックス1パックです。

家庭と家系に優しい、もうすぐ2児のパパになります、ぼくであります。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)