« 2017年5月 | トップページ

2017年7月17日 (月)

ちほう

まぁ、誰しも年をとっていくと「痴呆」は避けられないものだと思いますが、
この痴呆のなりかけってのは、とても厄介ですね。
おそらく本人も、そうにはなってはいないと思っているのではないかと思います。
しかし、一緒に暮らしている人から見たら、
そうなっていると、、、思わざるを得ません。。。
両親と同居して十数年経ちます。
数年前から母親は攻撃的アルツハイマーになってきていると思われます。
これは以前にもブログに書きました。
本人、病院嫌いで、健康診断すら受けたくないという人なので、
アルツハイマーについての診断も、当然のことながら受けてはおりません。
しかし、
一緒に暮らしていると、わかる部分ていうのは多々出てきます。。。
詳しくは控えさせていただきますが、
とにかく、
 
正しいことが正しいとわからなくなるんですよ!
 
常識として言ってはならないことが分別できなくなる。
まずこれが、嫁から始まり、今では実の息子の私まで来ました。
当然、イラっときますね。
しかし、それに対して反論すると、ウソみたいな訳のわからんことを言ってくるんですね。
やっかいですよ。。。
話しになりません。。。
ましてや父親も最近は痴呆が始まってるようで、
正しいことも人情も、全ておかしなことになっているんです。
しかしね、
そこに別の家の人が入ってくると変わるんです。
むしろ、
戻るんです!
 
元に!!
 
不思議です。。。
スイッチが入るんですかね?
 
だから、
家の人以外の人にはわからない。
気が付かないのです。。。
 
そんな両親に、、、
変わってしまった両親に、、、
ぼくはよりイラっとしてしまって、
家で好き勝手なことを言ってる親に対し、
 
ちょっと強いことを言ってしまいます。。。
 
いや、、わかってはいます。
痴呆が原因だという事はわかっています。
しかし、
認めたくない自分がいて、
そうなってしまった両親に、
戻ってくれやしないかという気持ちもあり、
人を傷つけることを言ってくる両親に、
いや、、
言ってしまう両親に、
つい、、
怒ってしまいます。。。
ぼくにはよくわかりません。。。
平穏に暮らしたいです。。。
 
そうするためには
親と別に暮らすことが、一番いいのでしょうか?
 
しかし痴呆が進んでいく両親を、
残していいものなのか?
もう知りません!で、済むものなのか?
世間的に見れば、
同居していたのが出ていくとなると、
それなりの想像をされるのがオチだと思うんですよ。
 
ただ、そうなると地元に戻りにくくなります。
アフターケアのことも考えておかなきゃならないのか?
難しいね。
最善の方法はどうすればいいのだろうね???
 
答えは出ないけど
何かしなければ前には進めない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ